先進国株式・新興国株式・日経平均・・・VIVA!つみたて投資(30)

株式系ファンドの値動き

以下、2週間前、2008年末の値をそれぞれ100としています。
(火曜日朝集計)

つみたて投資の結果

①先進国株式系の投資信託
2008年4月から毎月末1万円
今日までのつみたて額 160万円
今日の資産額 414万円
トータルリターン 159%

②日経平均系の投資信託
2008年4月から毎月末1万円
今日までのつみたて額 160万円
今日の資産額 347万円
トータルリターン 117%

③新興国株式系の投資信託
2008年4月から毎月末1万円
今日までのつみたて額 160万円
今日の資産額 257万円
トータルリターン 57%

上記のチャートやつみたて結果は、長いスパンのデータを取るために、設定が古く運用管理費が高いファンドの値動きを参考にしている。今から購入するなら以下がおすすめ!!
eMAXIS Slim新興国株式インデックス
ニッセイ外国株式インデックスファンド
iFree日経225インデックス

2021/8/24(火)投信コラム

しばらく先進国>日本>新興国のイメージが強い。理論的には、過去のリターンは未来のリターンを保証しないので、リスク分散に重きを置け、というのは分かる。分からるが、やっぱり過去の新興国系ファンドのリターンは長期に渡って見劣るし、米国オンリーでええんちゃうの?

昨日はこのせめぎ合いに打ち勝って(笑)、つみたてNISAで毎月1万円つみたてているS&P500を毎月5千円に下げて、日本&新興国株式系ファンドに分配することにした。といっても、つみたてNISA全体(毎月約3万円)で考えると、先進国株式系ファンドや世界株式系ファンドがメインなので、結局アメリカ中心であることに変わりないが。

そう考えると、低金利で現状はネガティブに言われがちな「債券」、あるいは「ゴールド」、もちろん「現金」にもしっかり「分散」しておかなアカンなぁと思う。株に近い動きをしがちだか「リート」もね。「仮想通貨」もあるか。最近なら資産形成系でリターン約束系のクラウドファンディングも選択肢かもしれん。世界株式との相関係数が0の金融資産、なんかええのないかなぁ・・・