1年リターンTOP10!! 21/5/21版

luck-839037_640.jpg

このサイトでは、運用管理費の安いインデックスファンドを、長期積み立て投資することをおススメしています。しかし、運用管理費が高くても、それを補って有り余るような好成績を残しているファンドもあります。そこで運用管理費や、インデックス(パッシブ)・アクティブにかかわらず、運用成績上位のファンドを紹介します。サブファンドとして、短期投資対象として、一考の価値アリ、です。

※ネット証券で販売していないファンド、ほぼ同じファンド、ETFやブルベア系、DC系、通貨系は除きます。

※1年前はコロナショックで株価が暴落していましたので、1年リターンは大きな値になっています。

1年リターンTOP10!!

第1位 eMAXIS Neo バーチャルリアリティ
リターン 約158.6%/年
運用管理費0.792% 純資産額142億

 →マンスリーレポート


第2位 eMAXIS Neo 自動運転
リターン 約155.3%/年
運用管理費0.792% 純資産額236億

 →マンスリーレポート


第3位 eMAXIS Neo ナノテクノロジー
リターン 約136.8%/年
運用管理費0.792% 純資産額72億

 →マンスリーレポート


第4位 インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド
 リターン 約129.1%/年
第5位 世界レアメタル関連株ファンド
 リターン 約123.0%/年
第6位 iFreeActive EV
 リターン 約109.3%/年
第7位 マニュライフ・米国銀行株式…(資産成長型)
 リターン 約99.2%/年
第8位 イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド
 リターン 約89.1%/年
第9位 HSBC インド・インフラ株式オープン
 リターン 約85.6%/年
第10位 eMAXIS Neo ウェアラブル
 リターン 約85.4%/年

『インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド』が4位にダウン。当然、ここ数日の仮想通貨暴落の影響もあるでしょう。再び『eMAXIS Neoシリーズ』の上位独占となりました。最近はそれぞれ結構値下がりしているのですが・・・

一方で、インド系ファンドが2本ランクインしました。両方ともインフラと名前がついていますが、11位~20位の中に普通のインド株式系のファンドがさらに2本ランクインしていますので、ここ1年で見るとインドは強いということでしょう。『(NEXT FUNDS)インド株式指数上場投信』というETFの値動きを見ると、ここ1か月で10%、1年で70%ぐらい上昇しています。


~1年リターン参考値~
eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
  リターン 約46.0%/年
eMAXISSlim米国株式(S&P500)
  リターン 約44.5%/年
eMAXISSlim先進国株式インデックス
  リターン 約46.9%/年
eMAXISSlim新興国株式インデックス
  リターン 約47.2 %/年
ニッセイ日経平均インデックスファンド
  リターン 約40.9%/年

アンケートモニター登録