世界株式 2022/4/25・・・管理人のつぶやき 077



2022/4/25(月)

pier-569314_640.jpg

世界株式 2022/4/25
定期的に見たくなる、世界の株式指数の推移。米国、日本、中国、インド、ドイツ、イギリス、ブラジルの株式指数をチェックする。ちなみに、2021年のGDPランキングは以下の通り。( )内はGDP(兆ドル)。

1位 アメリカ(22.7)
2位 中国(16.6)
3位 日本(5.4)
4位 ドイツ(4.3)
5位 イギリス(3.1)
6位 インド(3.0)
・・・
13位 ブラジル(1.5)

以下のチャートはそれぞれ2021年の年末の値を100とした週末値チャートである。最新値は4/22(金)の値。


ブラジルが大きく上昇していたが、近々は下降気味。イギリスとインドが比較的安定している。ロシアウクライナ戦争の影響が大きいドイツの変動が大きいが、それ以上に中国が良くない。この傾向は今年だけのことじゃないよね。

このチャートはあくまでも中期的なものであり、長期、超長期の投資を考える場合はあまり関係ないかもしれん。それでも、S&P500系ファンドを1点買いするより、先進国株式系(主に米国+欧州)や全世界株式系のファンドのほうがバランスが良さそうに思えるね。

新興国については、理想を言えば、国ごとのファンドをバランスよく持ちたいところ。ただ、インド株式も中国株式もブラジル株式も、運用管理費が高いファンドばかり・・・いわゆる新興国株式系のインデックスファンド(運用管理費0.2%程度)の利用が現実的かもしれんね。


 →マザーズ下落中・・・管理人のつぶやき 076