値上げラッシュ!/今年の株価指数の値動き・・・管理人のつぶやき 072




2022/4/7(木)

pier-569314_640.jpg

値上げラッシュ!
今さらだが、今年に入っていろいろな商品が値上げされた(る)。独断と偏見で紹介すると、

1/1~
「ナイススティック」「超熟」
「ネオバターロール」
 →4~14%の値上げ

3/1~
「さんま蒲焼」
 →43円の値上げ
「キユーピー タルタルソース」
 →14円の値上げ

4/1~
「ボンカレーゴールド」
 →11円値上げ
「6Pチーズ」
 →21円値上げ
「うまい棒」
 →2円値上げ
「パナソニック蛍光灯」
 →約30%値上げ

5/1~
「銀座カリー」「銀座ハヤシ」
 →22円値上げ

6月以降
「ココイチポークカレー」
 →33円値上げ
「カップヌードル」「一平ちゃん焼きそば」
 →23円値上げ
「かっぱえびせん」
  内容量 85g → 77g

・・・あーあ。電気代もガス代も上がるし、いよいよ日本に待望のインフレ到来って言われてもうれしくない。ただ、さすがに貯金は損だよなぁ。かと言って、株式に一気にぶち込むのは危険すぎる。小分け小分けで少しずつ投資信託やETFを買い増ししている今日このごろ・・・


今年の株価指数の値動き
ごった煮のチャートになるが、何となく気になる4指数、S&P500、日経平均株価、ドイツDAX指数、東証REIT指数の今年に入ってからの値動きをチェックしてみる。昨年末の値を100とした場合の週末値チャートだ。ただし今週は現時点(22:45)での最新値にしてある。


全体的な動きの確認。今年に入って下げ基調。それに追い打ちをかけるように、ロシアウクライナ戦争の影響で2月下旬に急降下。その後急激に回復するも、再度下げ基調になっている。

戦争の影響が大きいドイツは、まだまだ不安定だろう。米国はその影響が小さく、資源面でプラスもあるかもだが、日本の投資信託やETFは円安の影響で、上のチャート以上に急上昇している。円高に調整するリスクはあるだろう。もちろん金利上昇やバランスシートの縮小の影響もある。

こういった影響を考えると、日本の資産は相対的には魅力的かも。日経平均はまずまず、Jリートはこの中では最も堅調に見える。短期中期の投資において日本の資産に期待しているのだが、さてどうなることやら・・・

 →日本株の値動き/市場区分再編・・・管理人のつぶやき 071