3年リターンTOP10!! 21/6/11版



luck-839037_640.jpg
このサイトでは、運用管理費の安いインデックスファンドを、長期積み立て投資することをおススメしています。しかし、運用管理費が高くても、それを補って有り余るような好成績を残しているファンドもあります。そこで運用管理費や、パッシブ・アクティブにかかわらず、運用成績上位のファンドを紹介します。サブファンドとして、短期投資対象として、一考の価値アリ、です。

※ネット証券で販売していないファンド、ほぼ同じファンド、ETFやブルベア系、DC系、通貨系は除きます。

3年リターンTOP10!!

第1位 グローバルAIファンド
リターン 約31.7%/年
運用管理費1.925% 純資産額4140億

 →マンスリーレポート


第2位 iFreeNEXT FANG+インデックス
リターン 約31.4%/年
運用管理費0.7755% 純資産額180億

 →マンスリーレポート


第3位 グローバル・フィンテック株式ファンド
リターン 約31.1%/年
運用管理費1.925% 純資産額2843億

 →マンスリーレポート


第4位 企業価値成長小型株ファンド
 リターン 約27.1%/年
第5位 サイバーセキュリティ株式オープン
 リターン 約25.8%/年
第6位 深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)
 リターン 約24.2%/年
第7位 グローバル新世代関連株式ファンド
 リターン 約24.8%/年
第8位 iFreeActiveゲーム&eスポーツ
 リターン 約23.3%/年
第9位 グローバル・スマート・イノベーション・オープン(年1回)
 リターン 約22.8%/年
第10位 三菱UFJ NASDAQオープンBコース
 リターン 約22.9%/年

第6位に『深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)』がランクイン。そもそも中国の株式は浮き沈みが大きいですね。ということは積み立て投資に向く、とも言えますが。

注意してほしいのは、上記の10ファンドすべて、ここ6か月のリターンは『eMAXISSlim米国株式(S&P500)』に負けています(苦笑)。つまり3年リターンが大きいとうこと=3年間のどこかで大きく上がった時期がある、ということであって、必ずしも3年間ずっと平均的に上がり続けているという意味ではありません。ファンドのリターンを見る場合、もっとも注意すべきポイントかもしれませんね。

~3年リターン参考値~
eMAXIS 全世界株式インデックス
  リターン 約13.3%/年
iFreeS&P500インデックス
  リターン 約16.7%/年
eMAXISSlim先進国株式インデックス
  リターン 約14.7%/年
eMAXISSlim新興国株式インデックス
  リターン 約8.3%/年
ニッセイ日経平均インデックスファンド
  リターン 約10.4%/年