『SOMPO123先進国株式』と『eMAXIS Neo』シリーズ・・・管理人のつぶやき 062


2022/3/3(木)

pier-569314_640.jpg

『SOMPO123先進国株式』
2021年の12月21日に設定された『SOMPO 123 先進国株式』は、日本を除く先進国の株式(123銘柄程度)に分散投資を行い、中長期的な値上がり益の獲得をめざすファンド。なんといっても売りは、運用管理費0.077%!!

で、まだ2か月ちょっとしか経っていないが、『eMAXIS Slim先進国株式インデックス(1285銘柄)』とチャートを比較してみよう。2021年12月21日の基準価額を100とした、日足チャートだ。

うーん、ほぼ同じだが、ちょっと負けてるやん(笑)。まあそもそも同じインデックスファンドではないし、投資している銘柄数も全然違うし、現時点の成績はあくまでも参考資料といったところ。ここからの値動きに要注目だ。

『SOMPO 123 先進国株式』はSBI証券、松井証券、auカブコム証券などで販売されている。興味のある人はどうぞ!


『eMAXIS Neo』シリーズ
『eMAXIS Neo(イーマクシスネオ)』シリーズ第5弾として、『eMAXIS NeoコミュニケーションDX』『eMAXIS Neo水素エコノミー』を2022年3月4日(金)に設定される。

『eMAXIS Neo』シリーズ11本のうち、1年以上運用されている9本の過去1年間のリターンを見てみると・・・

ロボット 4.4%
宇宙開発 2.0%
自動運転 -7.9%
バーチャルリアリティ -10%
ドローン -10.5%
ウェアラブル -11.3%
フィンテック -19.2%
ナノテクノロジー -25.1%
遺伝子工学 -38%

株価下落のタイミングなので全体的に良くないが、かなり結果に差があるね。さあて、『コミュニケーションDX』と『水素エコノミー』はどうなるだろう。運用管理費は0.792%。SBI証券や楽天証券で発売予定。


 →ウクライナ危機とコロナ感染者数・・・管理人のつぶやき 061