Smart-i 8資産バランス 安定型・・・ポートフォリオ・チェック vol.4



pier-569314_640.jpg

2021/4/14(水)

水曜日はポートフォリオのコーナーっ!!既存のバランスファンドのポートフォリオをチェックし、自身のポートフォリオ構築に役立てようという企画だ。もちろん紹介したファンドそのものを購入するのもアリだ!(※すべての値は先週末の時点で確認できたもの。)

今週のばらんすふぁんど
Smart-i 8資産バランス 安定型
3年リスク 6.2 3年リターン 4.2%/年


(ポートフォリオ)
18.4% 先進国株式
3.1% 新興国株式      
3.0% 国内株式
3.0% 先進国リート
1.5% 国内リート
31.1% 先進国債券(Hあり)
6.9 先進国債券(H無)
1.5% 新興国債券(H無)  
31.2% 国内債券         


先週紹介した8資産均等バランスの、比率を変化させたようなイメージ。ただし、先進国債券についてはヘッジの有無に分かれている。3年リスクとリターンを見ると、リスクを抑えながらまずまずのリターンが得られている印象。

改めてみてみると案外ユニークなポートフォリオだ。株式:リート:債券=25:5:70、もっと大まかに言うと、リスク資産:債券=30:70だから、いわゆる債券型バランスファンドの定番の比率だ。しかし、それぞれの国外資産と国内資産の比率を見てみると、株式については国外:国内=7:1、リートは2:1、債券は5:4。こういう細かい工夫は参考にしたいところ。

ちなみに管理人の好みで、このポートフォリオを株式=先進国株式のみ、リート=国内リートのみ、国内債券=現金とし、ざっくりとした比率に置き換えてみると・・・

30% 先進国株式
10% 国内リート
30% 先進国債券(Hあり)
30% 現金    

どうだろう。やや攻撃的に変化したが、おもしろそうなポートフォリオだね。いつも言っているように、債券全体を現金に置き換えるなら、株:リート:現金=3:1:6。毎月eMAXIS Slimの先進国株式に3000円、国内リートに1000円、定期預金に6000円積み立て。悪くないだろう。あるいは現金部分を『投資のソムリエ』に置き換えるのもハイブリッドかも。

~目安~
(S&P500系ファンド)
3年リスク 23 3年リターン 18%/年
(国内リート系ファンド)
3年リスク 32 3年リターン 11%/年
(先進国債券H無)
3年リスク 5.8 3年リターン 4.1%/年
(先進国債券Hあり)
3年リスク 4.5 3年リターン 2.1%/年
(国内債券系ファンド)
3年リスク 2 3年リターン 0.1%/年