オミクロン株についての「噂」?・・・管理人のつぶやき047




2021/12/2(木)

今世界中で話題になり、相場にも大きな影響を与えている「オミクロン株」。脅威はどのぐらい?既存のワクチンが効くのか?いろいろな情報が飛び回っているので、少しまとめておくね。

(11/30 モデルナ)
ワクチンの効果が、従来株に対する効果に比べてはるかに弱そう。オミクロン株に特化したワクチンをまとまった規模で製造できるようになるには、数カ月を要しそう。オミクロン株の50の変異のうち32が、免疫機能を高めるため既存のワクチンが標的とするスパイクたんぱく質で起きている点を科学者は懸念している。

(11/30 独ビオンテック)
抗体が効きにくいので軽症の予防効果が薄れそう。一方でウイルスに感染した細胞を攻撃するT細胞はしっかり働くので、重症化は防げる可能性が高そう。オミクロン株の感染拡大については特別に心配する必要はないが、ワクチンを全く接種していない人がいることは心配。

(11/30 欧州疾病予防管理センター)
オミクロン変異株は、EU域内11カ国で少なくとも合計44件の感染が確認されたが、今のところ全て無症状か軽症であり、重症や死亡は報告されていない。

(12/1 WHO)
ワクチンで重症化を防げる可能性が高い。数日以内にオミクロン株に関するデータがもっと手に入る。

(12/1 米国立アレルギー感染症研究所)
オミクロン株の感染がこれから増えるだろうが、ワクチン接種済みなら室内マスクなしで家族で集まってもよい。一方で、旅行する人はマスク着用など予防措置を取るべき。

(12/2 オーストラリア政府)
他のコロナ株と比べて致死性が高いことを示す証拠はない。致死性が低い可能性もある。さらに情報を集める必要があるが、今のところ世界中のオミクロン株感染者は軽症か無症状。

(12/2 ファイザー)
あくまでも予測だが、既存のワクチン効果が著しく低下するとは考えていない。2~3週間程度でデータが手に入るだろう。

ポイントは2つ。
①楽観的な発言が増えてきた。
②ただし、すべては「予測」

以上をふまえ、短期、中期のトレードをしている人は、さらなる情報収集&冷静な判断を。長期投資の人は何も考えんでいい。いつも通りつみたて投資をどうぞ。むしろ買い時かもしれんね。