3年リターンTOP10!! 21/5/15版




2021/5/16(日)

luck-839037_640.jpg

このサイトでは、運用管理費の安いインデックスファンドを、長期積み立て投資することをおススメしています。しかし、運用管理費が高くても、それを補って有り余るような好成績を残しているファンドもあります。そこで運用管理費や、パッシブ・アクティブにかかわらず、運用成績上位のファンドを紹介します。サブファンドとして、短期投資対象として、一考の価値アリ、です。

※ネット証券で販売していないファンド、ほぼ同じファンド、ETFやブルベア系、DC系、通貨系は除きます。

3年リターンTOPTOP10!!

第1位 iFreeNEXT FANG+インデックス
リターン 約29.9%/年
運用管理費0.7755% 純資産額165億

 →マンスリーレポート


第2位 グローバルAIファンド
リターン 約28.8%/年
運用管理費1.925% 純資産額3661億

 →マンスリーレポート


第3位 グローバル・フィンテック株式ファンド
リターン 約26.3%/年
運用管理費1.925% 純資産額2615億

 →マンスリーレポート


第4位 企業価値成長小型株ファンド
 リターン 約26.2%/年
第5位 東京海上・グローバルペット関連株式ファンド(為替ヘッジなし)
 リターン 約22.6%/年
第6位 グローバル新世代関連株式ファンド
 リターン 約22.0%/年
第7位 サイバーセキュリティ株式オープン
 リターン 約21.8%/年
第8位 三菱UFJ NASDAQオープンBコース
 リターン 約21.7%/年
第9位 大和住銀DC海外株式アクティブファンド
 リターン 約21.2%/年
第10位 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)
 リターン 約21.0%/年

株価下落の影響により、ランキングに変化が見られました。第5位の『東京海上・グローバルペット関連株式ファンド』の愛称は『ぽちたま』。私も少額持っているのですが、それほどパフォーマンスがいい印象がないので調べてみると、分配金が出ていました。基準価額12000円に対して1000円も・・・再投資にしていますが、分母が増えるのでリターン(%)が減ったように見えるんですね。

第9位の『大和住銀DC海外株式アクティブファンド』はMSCIコクサイ・インデックスをベンチマークとする、世界株式のファンドです。ただしここ10年は、NASDAQに近い値動きをしています。第10位の『アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信B』は超有名ファンドですね。安定感があり、S&P500以上のリターンも期待できるファンドです。

~3年リターン参考値~
eMAXIS 全世界株式インデックス
  リターン 約12.1%/年
iFreeS&P500インデックス
  リターン 約16.4%/年
eMAXISSlim先進国株式インデックス
  リターン 約13.8%/年
eMAXISSlim新興国株式インデックス
  リターン 約5.7%/年
ニッセイ日経平均インデックスファンド
  リターン 約9.2%/年